なぜED治療に保険が利かないのか

緑のカプセルと葉

男性であれば誰もが気になる病にEDがあります。
日本には1000万人ものED症状を持った人がいるといわれ、多くの方が悩んでいる病気です。
しかしこの症状は薬によって治すことが可能で、副作用のない治療が出来るようになっています。
昔は薬ではない方法で治療していましたが、今は薬をのむだけですむので簡単に治せます。
このように簡単に治療できるEDですが、症状を持っている人の内5%ほどしか治療を受けていません。
それは医師に相談するのが恥ずかしいという面もありますけど、大きな理由として保険が利かないことがあります。
なぜED治療に保険が利かないのかというと、保険適用を受けるためには生活に支障が出るものでなければいけないからです。
つまり治療をしないと生活に問題を起こすものに対しては、保険の適用がなされます。
しかし治さなくても生活ができるものに対しては保険は適用されません。
そのためEDの治療や美容整形には保険が適用されることがないのです。
そしてEDに使われる薬は高額、一錠が1000円以上します。
この価格が割高なので継続して利用するのが難しく、治療を断念している人が多いです。
一応EDに使われる薬を作っている会社は、保険適用をするように要請しています。
しかし認められたことはなく、いまだに保険適用外のままです。
また日本の制度では保険適用外の薬を処方する時は、検査の費用も保険適用外になります。
そのため最初に医者に相談して薬をもらう時は、その検査費用も高めになります。
更に保険の利かない自由診療になると、薬の価格が病院の都合で決めれることになります。
それが原因で治療を受ける病院によって薬の価格が変わることがあります。
ただ変わるとはいっても一錠あたり数百円くらいなので、大きな差が出ることはないです。